HOME | message
 

運営者より

いきなりですが、わたしはあと何年生きるのでしょう。今45歳だから、たぶん30年位だと思います。そのとき発注者さんと、うまくいった思い出・苦労話ができるお付き合いが続いていたら、それが経営者としての財産・幸せなんだと思います。
 

20年労をねぎらえる間柄が目標

この制作部は、とある商店街の8坪のお茶屋さんの1坪から始めました。最初は近隣のお店やお客さまとワードやエクセルの機能を教授し合ったり、サイトづくりを手伝ったり、地域のサポート役でした。そこから同級生の紹介で、不動産屋さんのスタートアップを任され、そこで失敗したわけですが、それをきっかけに「制作の仕事」と本気で向き合うようになりました。現在、相談件数約50件。制作事例は10業種、約20サイトです。小規模のコーポレート&プロモーションサイトをメインに、最近はワードプレスサイトも発注いただけるようになりました。
肝心の成果ですが、検索エンジンからの集客をメインに、ブランド(地域)×業種×サービスで上位表示を狙い、市場は小さいですが、問い合わせ獲得のご報告を何件もいただいております。ネットの費用対効果の高さはまだまだ健在のようです。
 
その半面今一番悔しいのは、
 
近隣の小売店や飲食店がどんどんやめてしまっていること。先日、80年続いた同級生の総菜屋さんも閉店しました。なぜなんでしょう、ヒトモノが平均化され、合理主義・大量生産・テクノロジー依存・エターニティ化。もはや零細企業は必要ないのでしょうか?
 
その答えを見つけるために、わたしはこの仕事を続けています。経営者と二人三脚で頭に汗をかき、苦労して導き出した答えは、会社さらには人生の財産になります。
 

その答えを一緒に導き出しませんか?

 
理想は発注者さま自身が、その合作を体系化し、このHP制作プロジェクトを次のステージに押し上げてほしいのです。
 
ただ、わたしも零細企業の経営者ですから、それが簡単じゃないこともよく分かっています。持ちつ持たれつの間柄で、よいときも、わるいときも時間を共に20年後も一緒に仕事ができる仲でいたい。
「なんとかなるさ精神」で着実に前進し、身体が動かなくなるまで継続できたら幸せなんだと思います。
 
よければホームページ制作・運用に取り組んでいきましょう!


 
※この記事の作成者: 小坂忠士
 
 
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 |
〒143-0026 東京都大田区西馬込2-21-1 1F
Copyright 2012 ota-hp-assist.com. All Rights Reserved.